万葉集4424番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4424番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4424番について

歌番号

4424番

原文

伊呂夫可久|世奈我許呂母波|曽米麻之乎|美佐可多婆良婆|麻佐夜可尓美無

訓読

色深く背なが衣は染めましをみ坂給らばまさやかに見む

かな読み

いろぶかく|せながころもは|そめましを|みさかたばらば|まさやかにみむ

カタカナ読み

イロブカク|セナガコロモハ|ソメマシヲ|ミサカタバラバ|マサヤカニミム

ローマ字読み|大文字

IROBUKAKU|SENAGAKOROMOHA|SOMEMASHIO|MISAKATABARABA|MASAYAKANIMIMU

ローマ字読み|小文字

irobukaku|senagakoromoha|somemashio|misakatabaraba|masayakanimimu

左注|左註

右一首妻物部刀自賣|二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月29日年紀|防人歌|埼玉|安曇三國|女歌|恋情

校異

->九【古】

寛永版本

いろぶかく,[寛]いろふかく,
せながころもは,[寛]せなかころもは,
そめましを[寛],
みさかたばらば,[寛]みさかたはらは,
まさやかにみむ[寛],

巻数

第20巻

作者

妻物部刀自賣

タイトルとURLをコピーしました