万葉集4456番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4456番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4456番について

歌番号

4456番

原文

麻須良乎等|於毛敝流母能乎|多知波吉弖|可尓波乃多為尓|世理曽都美家流

訓読

大夫と思へるものを太刀佩きて可尓波の田居に芹ぞ摘みける

かな読み

ますらをと|おもへるものを|たちはきて|かにはのたゐに|せりぞつみける

カタカナ読み

マスラヲト|オモヘルモノヲ|タチハキテ|カニハノタヰニ|セリゾツミケル

ローマ字読み|大文字

MASURAOTO|OMOHERUMONO|TACHIHAKITE|KANIHANOTAINI|SERIZOTSUMIKERU

ローマ字読み|小文字

masuraoto|omoherumono|tachihakite|kanihanotaini|serizotsumikeru

左注|左註

右二首左大臣讀之云尓|[左大臣是葛城王|後賜橘姓也]

事項|分類・ジャンル

天平1年年紀|橘諸兄|葛城王|贈答|植物|戯笑

校異

特に無し

寛永版本

ますらをと[寛],
おもへるものを[寛],
たちはきて[寛],
かにはのたゐに[寛],
せりぞつみける,[寛]せりそつみける,

巻数

第20巻

作者

薩妙觀

タイトルとURLをコピーしました