万葉集4440番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4440番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4440番について

歌番号

4440番

原文

安之我良乃|夜敝也麻故要弖|伊麻之奈波|多礼乎可伎美等|弥都々志努波牟

訓読

足柄の八重山越えていましなば誰れをか君と見つつ偲はむ

かな読み

あしがらの|やへやまこえて|いましなば|たれをかきみと|みつつしのはむ

カタカナ読み

アシガラノ|ヤヘヤマコエテ|イマシナバ|タレヲカキミト|ミツツシノハム

ローマ字読み|大文字

ASHIGARANO|YAHEYAMAKOETE|IMASHINABA|TAREOKAKIMITO|MITSUTSUSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

ashigarano|yaheyamakoete|imashinaba|tareokakimito|mitsutsushinohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大原今城|羈旅|出発|千葉|地名|恋情|餞別

校異

様->掾【元】【類】【紀】

寛永版本

あしがらの,[寛]あしからの,
やへやまこえて[寛],
いましなば,[寛]いましなは,
たれをかきみと[寛],
みつつしのはむ[寛],

巻数

第20巻

作者

上総国郡司妻

タイトルとURLをコピーしました