万葉集4467番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4467番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4467番について

歌番号

4467番

原文

都流藝多知|伊与餘刀具倍之|伊尓之敝由|佐夜氣久於比弖|伎尓之曽乃名曽

訓読

剣太刀いよよ磨ぐべし古ゆさやけく負ひて来にしその名ぞ

かな読み

つるぎたち|いよよとぐべし|いにしへゆ|さやけくおひて|きにしそのなぞ

カタカナ読み

ツルギタチ|イヨヨトグベシ|イニシヘユ|サヤケクオヒテ|キニシソノナゾ

ローマ字読み|大文字

TSURUGITACHI|IYOYOTOGUBESHI|INISHIHEYU|SAYAKEKUOHITE|KINISHISONONAZO

ローマ字読み|小文字

tsurugitachi|iyoyotogubeshi|inishiheyu|sayakekuohite|kinishisononazo

左注|左註

右縁淡海真人三船讒言出雲守大伴古慈斐宿祢解任|是以家持作此歌也|以前歌六首六月十七日大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年6月17日年紀|氏族意識|説教|大伴古慈悲|淡海三船

校異

特に無し

寛永版本

つるぎたち,[寛]つるきたち,
いよよとぐべし,[寛]いよよとくへし,
いにしへゆ[寛],
さやけくおひて[寛],
きにしそのなぞ,[寛]きにしそのなそ,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました