万葉集4437番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4437番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集4437番について

歌番号

4437番

原文

冨等登藝須|奈保毛奈賀那牟|母等都比等|可氣都々母等奈|安乎祢之奈久母

訓読

霍公鳥なほも鳴かなむ本つ人かけつつもとな我を音し泣くも

かな読み

ほととぎす|なほもなかなむ|もとつひと|かけつつもとな|あをねしなくも

カタカナ読み

ホトトギス|ナホモナカナム|モトツヒト|カケツツモトナ|アヲネシナクモ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|NAHOMONAKANAMU|MOTOTSUHITO|KAKETSUTSUMOTONA|AONESHINAKUMO

ローマ字読み|小文字

hototogisu|nahomonakanamu|mototsuhito|kaketsutsumotona|aoneshinakumo

左注|左註

右件四首上総國大<掾>正六位上大原真人今城傳誦云尓|[年月未詳]

事項|分類・ジャンル

古歌|伝誦|大原今城|動物|悲嘆|懐古

校異

歌【西】謌

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
なほもなかなむ[寛],
もとつひと[寛],
かけつつもとな[寛],
あをねしなくも[寛],

巻数

第20巻

作者

元正天皇

タイトルとURLをコピーしました