万葉集4461番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4461番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4461番について

歌番号

4461番

原文

保里江欲利|美乎左<香>能保流|<梶>音乃|麻奈久曽奈良波|古非之可利家留

訓読

堀江より水脈さかのぼる楫の音の間なくぞ奈良は恋しかりける

かな読み

ほりえより|みをさかのぼる|かぢのおとの|まなくぞならは|こひしかりける

カタカナ読み

ホリエヨリ|ミヲサカノボル|カヂノオトノ|マナクゾナラハ|コヒシカリケル

ローマ字読み|大文字

HORIEYORI|MIOSAKANOBORU|KAJINOTONO|MANAKUZONARAHA|KOHISHIKARIKERU

ローマ字読み|小文字

horieyori|miosakanoboru|kajinotono|manakuzonaraha|kohishikarikeru

左注|左註

右三首江邊作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年2月24日年紀|行幸|望郷|地名|奈良|序詞|難波|大阪

校異

可->香【元】【類】【古】|梶乃->梶【元】【類】【古】

寛永版本

ほりえより[寛],
みをさかのぼる,[寛]みをさかのほる,
かぢのおとの,[寛]かちのおとの,
まなくぞならは,[寛]まなくそならは,
こひしかりける[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました