万葉集4455番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4455番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4455番について

歌番号

4455番

原文

安可祢<左>須|比流波多々婢弖|奴婆多麻乃|欲流乃伊刀末仁|都賣流芹子許礼

訓読

あかねさす昼は田賜びてぬばたまの夜のいとまに摘める芹これ

かな読み

あかねさす|ひるはたたびて|ぬばたまの|よるのいとまに|つめるせりこれ

カタカナ読み

アカネサス|ヒルハタタビテ|ヌバタマノ|ヨルノイトマニ|ツメルセリコレ

ローマ字読み|大文字

AKANESASU|HIRUHATATABITE|NUBATAMANO|YORUNOITOMANI|TSUMERUSERIKORE

ローマ字読み|小文字

akanesasu|hiruhatatabite|nubatamano|yorunoitomani|tsumeruserikore

左注|左註

右二首左大臣讀之云尓|[左大臣是葛城王|後賜橘姓也]

事項|分類・ジャンル

天平1年年紀|薩妙觀|贈答|枕詞|植物

校異

佐->左【元】【類】

寛永版本

あかねさす[寛],
ひるはたたびて,[寛]ひるはたたひて,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よるのいとまに[寛],
つめるせりこれ[寛],

巻数

第20巻

作者

橘諸兄|葛城王

タイトルとURLをコピーしました