万葉集4442番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4442番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4442番について

歌番号

4442番

原文

和我勢故我|夜度乃奈弖之故|比奈良倍弖|安米波布礼杼母|伊呂毛可波良受

訓読

我が背子が宿のなでしこ日並べて雨は降れども色も変らず

かな読み

わがせこが|やどのなでしこ|ひならべて|あめはふれども|いろもかはらず

カタカナ読み

ワガセコガ|ヤドノナデシコ|ヒナラベテ|アメハフレドモ|イロモカハラズ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|YADONONADESHIKO|HINARABETE|AMEHAFUREDOMO|IROMOKAHARAZU

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|yadononadeshiko|hinarabete|amehafuredomo|iromokaharazu

左注|左註

右一首大原真人今城

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年5月9日年紀|宴席|植物|大伴家持|主人讃美

校異

->歌【元】【細】【温】

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
やどのなでしこ,[寛]やとのなてしこ,
ひならべて,[寛]ひならへて,
あめはふれども,[寛]あめはふれとも,
いろもかはらず,[寛]いろもかはらす,

巻数

第20巻

作者

大原今城

タイトルとURLをコピーしました