万葉集4453番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4453番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4453番について

歌番号

4453番

原文

安吉加是能|布伎古吉之家流|波奈能尓波|伎欲伎都久欲仁|美礼杼安賀奴香母

訓読

秋風の吹き扱き敷ける花の庭清き月夜に見れど飽かぬかも

かな読み

あきかぜの|ふきこきしける|はなのには|きよきつくよに|みれどあかぬかも

カタカナ読み

アキカゼノ|フキコキシケル|ハナノニハ|キヨキツクヨニ|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

AKIKAZENO|FUKIKOKISHIKERU|HANANONIHA|KIYOKITSUKUYONI|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

akikazeno|fukikokishikeru|hananoniha|kiyokitsukuyoni|miredoakanukamo

左注|左註

右一首兵部少輔従五位上大伴宿祢<家持>|[未奏]

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年8月13日年紀|未奏|叙景|宮廷|肆宴

校異

->家持【西(右書)】【元】【紀】【細】

寛永版本

あきかぜの,[寛]あきかせの,
ふきこきしける[寛],
はなのには[寛],
きよきつくよに[寛],
みれどあかぬかも,[寛]みれとあかぬかも,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました