万葉集4445番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4445番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4445番について

歌番号

4445番

原文

宇具比須乃|許恵波須疑奴等|於毛倍杼母|之美尓之許己呂|奈保古非尓家里

訓読

鴬の声は過ぎぬと思へどもしみにし心なほ恋ひにけり

かな読み

うぐひすの|こゑはすぎぬと|おもへども|しみにしこころ|なほこひにけり

カタカナ読み

ウグヒスノ|コヱハスギヌト|オモヘドモ|シミニシココロ|ナホコヒニケリ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|KOEHASUGINUTO|OMOHEDOMO|SHIMINISHIKOKORO|NAHOKOHINIKERI

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|koehasuginuto|omohedomo|shiminishikokoro|nahokohinikeri

左注|左註

右一首大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年5月9日年紀|動物|宴席|恋情|大原今城

校異

特に無し

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
こゑはすぎぬと,[寛]こゑはすきぬと,
おもへども,[寛]おもへとも,
しみにしこころ[寛],
なほこひにけり[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました