万葉集4432番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4432番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4432番について

歌番号

4432番

原文

佐弁奈弁奴|美許登尓阿礼婆|可奈之伊毛我|多麻久良波奈礼|阿夜尓可奈之毛

訓読

障へなへぬ命にあれば愛し妹が手枕離れあやに悲しも

かな読み

さへなへぬ|みことにあれば|かなしいもが|たまくらはなれ|あやにかなしも

カタカナ読み

サヘナヘヌ|ミコトニアレバ|カナシイモガ|タマクラハナレ|アヤニカナシモ

ローマ字読み|大文字

SAHENAHENU|MIKOTONIAREBA|KANASHIIMOGA|TAMAKURAHANARE|AYANIKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

sahenahenu|mikotoniareba|kanashiimoga|tamakurahanare|ayanikanashimo

左注|左註

右八首昔<年>防人歌矣|主典刑部少録正七位上磐余伊美吉諸君抄寫|贈兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月年紀|防人歌|古歌|伝誦|磐余諸君|悲別|恋情

校異

年【西(上書訂正)】【元】【紀】【古】

寛永版本

さへなへぬ[寛],
みことにあれば,[寛]みことにあれは,
かなしいもが,[寛]かなしいもか,
たまくらはなれ[寛],
あやにかなしも[寛],

巻数

第20巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました