万葉集4421番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4421番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4421番について

歌番号

4421番

原文

和我由伎乃|伊伎都久之可婆|安之我良乃|美祢波保久毛乎|美等登志努波祢

訓読

我が行きの息づくしかば足柄の峰延ほ雲を見とと偲はね

かな読み

わがゆきの|いきづくしかば|あしがらの|みねはほくもを|みととしのはね

カタカナ読み

ワガユキノ|イキヅクシカバ|アシガラノ|ミネハホクモヲ|ミトトシノハネ

ローマ字読み|大文字

WAGAYUKINO|IKIZUKUSHIKABA|ASHIGARANO|MINEHAHOKUMO|MITOTOSHINOHANE

ローマ字読み|小文字

wagayukino|ikizukushikaba|ashigarano|minehahokumo|mitotoshinohane

左注|左註

右一首都筑郡上丁服部於<由>||二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月29日年紀|防人歌|埼玉|安曇三國|地名|恋情

校異

祢【類】祢尓|田->由【元】【万葉考】

寛永版本

わがゆきの,[寛]わかゆきの,
いきづくしかば,[寛]いきつくしかは,
あしがらの,[寛]あしからの,
みねはほくもを[寛],
みととしのはね[寛],

巻数

第20巻

作者

服部於由

タイトルとURLをコピーしました