万葉集4443番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4443番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4443番について

歌番号

4443番

原文

比佐可多<能>|安米波布里之久|奈弖之故我|伊夜波都波奈尓|故非之伎和我勢

訓読

ひさかたの雨は降りしくなでしこがいや初花に恋しき我が背

かな読み

ひさかたの|あめはふりしく|なでしこが|いやはつはなに|こひしきわがせ

カタカナ読み

ヒサカタノ|アメハフリシク|ナデシコガ|イヤハツハナニ|コヒシキワガセ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMEHAFURISHIKU|NADESHIKOGA|IYAHATSUHANANI|KOHISHIKIWAGASE

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amehafurishiku|nadeshikoga|iyahatsuhanani|kohishikiwagase

左注|左註

右一首大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年5月9日年紀|植物|大原今城|客讃美|宴席|枕詞|恋情

校異

乃->能【元】【類】

寛永版本

ひさかたの[寛],
あめはふりしく[寛],
なでしこが,[寛]なてしこか,
いやはつはなに[寛],
こひしきわがせ,[寛]こひしきわかせ,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました