万葉集4438番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4438番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4438番について

歌番号

4438番

原文

保等登藝須|許々尓知可久乎|伎奈伎弖余|須疑奈<无>能知尓|之流志安良米夜母

訓読

霍公鳥ここに近くを来鳴きてよ過ぎなむ後に験あらめやも

かな読み

ほととぎす|ここにちかくを|きなきてよ|すぎなむのちに|しるしあらめやも

カタカナ読み

ホトトギス|ココニチカクヲ|キナキテヨ|スギナムノチニ|シルシアラメヤモ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|KOKONICHIKAKUO|KINAKITEYO|SUGINAMUNOCHINI|SHIRUSHIARAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

hototogisu|kokonichikakuo|kinakiteyo|suginamunochini|shirushiarameyamo

左注|左註

右件四首上総國大<掾>正六位上大原真人今城傳誦云尓|[年月未詳]

事項|分類・ジャンル

古歌|伝誦|動物|大原今城|応詔

校異

歌【西】謌|無->无【元】【類】

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
ここにちかくを[寛],
きなきてよ[寛],
すぎなむのちに,[寛]すきなむのちに,
しるしあらめやも[寛],

巻数

第20巻

作者

薩妙觀

タイトルとURLをコピーしました