万葉集4441番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4441番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4441番について

歌番号

4441番

原文

多知之奈布|伎美我須我多乎|和須礼受波|与能可藝里尓夜|故非和多里奈無

訓読

立ちしなふ君が姿を忘れずは世の限りにや恋ひわたりなむ

かな読み

たちしなふ|きみがすがたを|わすれずは|よのかぎりにや|こひわたりなむ

カタカナ読み

タチシナフ|キミガスガタヲ|ワスレズハ|ヨノカギリニヤ|コヒワタリナム

ローマ字読み|大文字

TACHISHINAFU|KIMIGASUGATAO|WASUREZUHA|YONOKAGIRINIYA|KOHIWATARINAMU

ローマ字読み|小文字

tachishinafu|kimigasugatao|wasurezuha|yonokagiriniya|kohiwatarinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大原今城|羈旅|出発|千葉|恋情|餞別

校異

特に無し

寛永版本

たちしなふ[寛],
きみがすがたを,[寛]きみかすかたを,
わすれずは,[寛]わすれすは,
よのかぎりにや,[寛]よのかきりにや,
こひわたりなむ[寛],

巻数

第20巻

作者

上総国郡司妻

タイトルとURLをコピーしました