万葉集4447番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4447番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4447番について

歌番号

4447番

原文

麻比之都々|伎美我於保世流|奈弖之故我|波奈乃未等波無|伎美奈良奈久尓

訓読

賄しつつ君が生ほせるなでしこが花のみ問はむ君ならなくに

かな読み

まひしつつ|きみがおほせる|なでしこが|はなのみとはむ|きみならなくに

カタカナ読み

マヒシツツ|キミガオホセル|ナデシコガ|ハナノミトハム|キミナラナクニ

ローマ字読み|大文字

MAHISHITSUTSU|KIMIGAOHOSERU|NADESHIKOGA|HANANOMITOHAMU|KIMINARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

mahishitsutsu|kimigaohoseru|nadeshikoga|hananomitohamu|kiminaranakuni

左注|左註

右一首左大臣和歌

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年5月11日年紀|丹比国人|宴席|戯笑|愛情

校異

歌【西】謌

寛永版本

まひしつつ[寛],
きみがおほせる,[寛]きみかおほせる,
なでしこが,[寛]なてしこか,
はなのみとはむ[寛],
きみならなくに[寛],

巻数

第20巻

作者

橘諸兄

タイトルとURLをコピーしました