万葉集4427番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4427番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4427番について

歌番号

4427番

原文

伊波乃伊毛呂|和乎之乃布良之|麻由須比尓|由須比之比毛乃|登久良久毛倍婆

訓読

家の妹ろ我を偲ふらし真結ひに結ひし紐の解くらく思へば

かな読み

いはのいもろ|わをしのふらし|まゆすひに|ゆすひしひもの|とくらくもへば

カタカナ読み

イハノイモロ|ワヲシノフラシ|マユスヒニ|ユスヒシヒモノ|トクラクモヘバ

ローマ字読み|大文字

IHANOIMORO|WAOSHINOFURASHI|MAYUSUHINI|YUSUHISHIHIMONO|TOKURAKUMOHEBA

ローマ字読み|小文字

ihanoimoro|waoshinofurashi|mayusuhini|yusuhishihimono|tokurakumoheba

左注|左註

右八首昔<年>防人歌矣|主典刑部少録正七位上磐余伊美吉諸君抄寫|贈兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月年紀|防人歌|古歌|伝誦|磐余諸君|恋情|望郷

校異

特に無し

寛永版本

いはのいもろ[寛],
わをしのふらし[寛],
まゆすひに[寛],
ゆすひしひもの[寛],
とくらくもへば,[寛]とくらくもへは,

巻数

第20巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました