万葉集4405番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4405番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4405番について

歌番号

4405番

原文

和我伊母古我|志濃比尓西餘等|都氣志<非>毛|伊刀尓奈流等母|和波等可自等余

訓読

我が妹子が偲ひにせよと付けし紐糸になるとも我は解かじとよ

かな読み

わがいもこが|しぬひにせよと|つけしひも|いとになるとも|わはとかじとよ

カタカナ読み

ワガイモコガ|シヌヒニセヨト|ツケシヒモ|イトニナルトモ|ワハトカジトヨ

ローマ字読み|大文字

WAGAIMOKOGA|SHINUHINISEYOTO|TSUKESHIHIMO|ITONINARUTOMO|WAHATOKAJITOYO

ローマ字読み|小文字

wagaimokoga|shinuhiniseyoto|tsukeshihimo|itoninarutomo|wahatokajitoyo

左注|左註

右一首朝倉益人||二月廿三日上野國防人部領使大目正六位下上毛野君駿河進歌數十二首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月23日年紀|防人歌|悲別|恋情|群馬|上毛野駿河

校異

比->非【元】【春】

寛永版本

わがいもこが,[寛]わかいもこか,
しぬひにせよと,[寛]しのひにせよと,
つけしひも[寛],
いとになるとも[寛],
わはとかじとよ,[寛]わはとかしとよ,

巻数

第20巻

作者

朝倉益人

タイトルとURLをコピーしました