万葉集|第20巻の和歌一覧

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4405番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4405番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4405番について歌番号4405番原文和我伊母古我|志濃比尓西餘等|都氣志毛|伊刀尓奈流等母|和波等可自等余訓読我が妹子が偲ひにせよと付けし紐糸になるとも我は解かじとよかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4406番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4406番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4406番について歌番号4406番原文和我伊波呂尓|由加毛比等母我|久佐麻久良|多妣波久流之等|都氣夜良麻久母訓読我が家ろに行かも人もが草枕旅は苦しと告げ遣らまくもかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4407番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4407番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4407番について歌番号4407番原文比奈久母理|宇須比乃佐可乎|古延志太尓|伊毛賀古比之久|和須良延奴加母訓読ひな曇り碓氷の坂を越えしだに妹が恋しく忘らえぬかもかな読みひな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4408番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4408番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4408番について歌番号4408番原文大王乃|麻氣乃麻尓々々|嶋守尓|和我多知久礼婆|波々蘇婆能|波々能美許等波|美母乃須蘇|都美安氣可伎奈埿|知々能未乃|知々能美許等波|多...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4409番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4409番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4409番について歌番号4409番原文伊弊婢等乃|伊波倍尓可安良牟|多比良氣久|布奈埿波之奴等|於夜尓麻乎佐祢訓読家人の斎へにかあらむ平けく船出はしぬと親に申さねかな読みいへ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4410番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4410番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4410番について歌番号4410番原文美蘇良由久|々母々都可比等|比等波伊倍等|伊弊頭刀夜良武|多豆伎之良受母訓読み空行く雲も使と人は言へど家づと遣らむたづき知らずもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4411番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4411番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4411番について歌番号4411番原文伊弊都刀尓|可比曽比里弊流|波麻奈美波|伊也久々々二|多可久与須礼騰訓読家づとに貝ぞ拾へる浜波はいやしくしくに高く寄すれどかな読みいへづ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4412番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4412番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4412番について歌番号4412番原文之麻可氣尓|和我布祢波弖氐|都氣也良牟|都可比乎奈美也|古非都々由加牟訓読島蔭に我が船泊てて告げ遣らむ使を無みや恋ひつつ行かむかな読みし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4413番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4413番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4413番について歌番号4413番原文麻久良多之|己志尓等里波伎|麻可奈之伎|西呂我馬伎己無|都久乃之良奈久訓読枕太刀腰に取り佩きま愛しき背ろが罷き来む月の知らなくかな読みま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4398番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4398番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4398番について歌番号4398番原文大王乃|美己等可之古美|都麻和可礼|可奈之久波安礼特|大夫|情布里於許之|等里与曽比|門出乎須礼婆|多良知祢乃|波々可伎奈埿|若草乃|都...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4414番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4414番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4414番について歌番号4414番原文於保伎美乃|美己等可之古美|宇都久之氣|麻古我弖波奈利|之末豆多比由久訓読大君の命畏み愛しけ真子が手離り島伝ひ行くかな読みおほきみの|み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4399番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4399番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4399番について歌番号4399番原文宇奈波良尓|霞多奈妣伎|多頭我祢乃|可奈之伎与比波|久尓之於毛保由訓読海原に霞たなびき鶴が音の悲しき宵は国辺し思ほゆかな読みうなはらに|...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4415番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4415番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4415番について歌番号4415番原文志良多麻乎|弖尓刀里母之弖|美流乃須母|伊弊奈流伊母乎|麻多美弖毛母也訓読白玉を手に取り持して見るのすも家なる妹をまた見てももやかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4400番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4400番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4400番について歌番号4400番原文伊於毛負等|伊乎祢受乎礼婆|多頭我奈久|安之毛美要受|波流乃可須美尓訓読家思ふと寐を寝ず居れば鶴が鳴く葦辺も見えず春の霞にかな読みいへお...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4416番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4416番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4416番について歌番号4416番原文久佐麻久良|多比由苦世奈我|麻流祢世婆|伊波奈流和礼波|比毛等加受祢牟訓読草枕旅行く背なが丸寝せば家なる我れは紐解かず寝むかな読みくさま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4401番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4401番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4401番について歌番号4401番原文可良己呂|須尓等里都伎|奈苦古良乎|意伎弖曽伎也|意母奈之尓志弖訓読唐衣裾に取り付き泣く子らを置きてぞ来のや母なしにしてかな読みからころ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4417番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4417番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4417番について歌番号4417番原文阿加胡麻乎|夜麻努尓波賀志|刀里加尓弖|多麻余許夜麻|加志由加也良牟訓読赤駒を山野にはがし捕りかにて多摩の横山徒歩ゆか遣らむかな読みあか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4402番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4402番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4402番について歌番号4402番原文知波夜布留|賀美乃美佐賀尓|奴佐麻都|伊波伊能知波|意毛知々我多米訓読ちはやぶる神の御坂に幣奉り斎ふ命は母父がためかな読みちはやふる|か...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4418番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4418番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4418番について歌番号4418番原文和我可度乃|可多夜麻都婆伎|麻己等奈礼|和我弖布礼奈々|都知尓於知母加毛訓読我が門の片山椿まこと汝れ我が手触れなな土に落ちもかもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4387番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4387番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4387番について歌番号4387番原文知波乃奴乃|古乃弖加之波能|保々麻例等|阿夜尓加奈之美|於枳弖他加枳奴訓読千葉の野の児手柏のほほまれどあやに愛しみ置きて誰が来ぬかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4388番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4388番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4388番について歌番号4388番原文多妣等等|麻多妣尓奈理奴|以乃母加|枳世之己呂母尓|阿加都枳尓迦理訓読旅とへど真旅になりぬ家の妹が着せし衣に垢付きにかりかな読みたびとへ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4389番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4389番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4389番について歌番号4389番原文志保不尼乃|古祖志良奈美|尓波志久母|於不世他麻保加|於母波弊奈久尓訓読潮舟の舳越そ白波にはしくも負ふせたまほか思はへなくにかな読みしほ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4390番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4390番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4390番について歌番号4390番原文牟浪他麻乃|久留尓久枳作之|加多米等之|以母加去々里波|阿用久奈米加母訓読群玉の枢にくぎさし堅めとし妹が心は動くなめかもかな読みむらたま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4391番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4391番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4391番について歌番号4391番原文久尓乃|夜之呂乃加美尓|奴佐麻都理|阿加古比須奈牟|伊母賀加奈志作訓読国々の社の神に幣奉り贖乞ひすなむ妹が愛しさかな読みくにぐにの|やし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4392番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4392番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4392番について歌番号4392番原文阿米都之乃|以都例乃可美乎|以乃良波加|有都久之波々尓|麻多己等刀波牟訓読天地のいづれの神を祈らばか愛し母にまた言とはむかな読みあめつし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4393番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4393番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4393番について歌番号4393番原文於保伎美能|美許等尓例波|知々波々乎|以波比等於枳弖|麻為弖枳尓之乎訓読大君の命にされば父母を斎瓮と置きて参ゐ出来にしをかな読みおほきみ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4394番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4394番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4394番について歌番号4394番原文於保伎美能|美己等加之古美|由美乃美|佐尼加和多良牟|奈賀氣己乃用乎訓読大君の命畏み弓の共さ寝かわたらむ長けこの夜をかな読みおほきみの|...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4395番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4395番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4395番について歌番号4395番原文多都多夜麻|見都々古要許之|佐久良波奈|知利加須疑奈牟|和我可敝流刀訓読龍田山見つつ越え来し桜花散りか過ぎなむ我が帰るとにかな読みたつた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4380番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4380番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4380番について歌番号4380番原文奈尓波刀乎|己岐埿弖美例婆|可美佐夫流|伊古麻多可祢尓|久毛曽多奈妣久訓読難波津を漕ぎ出て見れば神さぶる生駒高嶺に雲ぞたなびくかな読みな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4396番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4396番について歌番号4396番原文保理江欲利|安佐之保美知尓|与流許都美|可比尓安里世波|都刀尓勢麻之乎訓読堀江より朝潮満ちに寄る木屑貝にありせばつとにせましをかな読みほ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4381番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4381番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4381番について歌番号4381番原文尓乃|佐岐毛利都度比|布奈能里弖|和可流乎美礼婆|伊刀母須敝奈之訓読国々の防人集ひ船乗りて別るを見ればいともすべなしかな読みくにぐにの|...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4397番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4397番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4397番について歌番号4397番原文見和多世波|牟加都乎能倍乃|波奈尓保比|弖里氐多弖流|波之伎多我都麻訓読見わたせば向つ峰の上の花にほひ照りて立てるは愛しき誰が妻かな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4382番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4382番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4382番について歌番号4382番原文布多富我美|阿志氣比等奈里|阿多由麻比|和我須流等伎尓|佐伎母里尓佐須訓読ふたほがみ悪しけ人なりあたゆまひ我がする時に防人にさすかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4383番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4383番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4383番について歌番号4383番原文都乃久尓乃|宇美能奈伎佐尓|布奈餘曽比|多志埿毛等伎尓|阿母我米母我母訓読津の国の海の渚に船装ひ立し出も時に母が目もがもかな読みつのくに...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4384番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4384番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4384番について歌番号4384番原文阿加等伎乃|加波多例等枳尓|之麻加枳乎|己枳尓之布祢乃|他都枳之良須母訓読暁のかはたれ時に島蔭を漕ぎ去し船のたづき知らずもかな読みあかと...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4385番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4385番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4385番について歌番号4385番原文由古作枳尓|奈美奈等恵良比|志流敝尓波|古乎等都麻乎等|於枳弖等母枳奴訓読行こ先に波なとゑらひ後方には子をと妻をと置きてとも来ぬかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4386番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4386番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4386番について歌番号4386番原文和加々都乃|以都母等夜奈枳|以都母々々々|於母加古比須々|奈理麻之都之母訓読我が門の五本柳いつもいつも母が恋すす業りましつしもかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4371番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4371番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4371番について歌番号4371番原文多知波奈乃|之多布久可是乃|可具波志伎|都久波能夜麻乎|古比須安良米可毛訓読橘の下吹く風のかぐはしき筑波の山を恋ひずあらめかもかな読みた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4372番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4372番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4372番について歌番号4372番原文阿志加良能|美佐可多麻波理|可閇理美須|阿例波久江由久|阿良志乎母|多志夜波婆可流|不破乃世伎|久江弖和波由久|牟麻能都米|都久志能佐伎...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4373番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4373番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4373番について歌番号4373番原文祁布与利波|可敝里見奈久弖|意富伎美乃|之許乃美多弖等|伊埿多都和例波訓読今日よりは返り見なくて大君の醜の御楯と出で立つ我れはかな読みけ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4374番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4374番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4374番について歌番号4374番原文阿米都知乃|可美乎伊乃里弖|佐都夜奴伎|都久之乃之麻乎|佐之弖伊久和例波訓読天地の神を祈りて猟矢貫き筑紫の島を指して行く我れはかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4359番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4359番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4359番について歌番号4359番原文都久之閇尓|敝牟加流布祢乃|伊都之加毛|都加敝麻都里弖|久尓々閇牟可毛訓読筑紫辺に舳向かる船のいつしかも仕へまつりて国に舳向かもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4375番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4375番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4375番について歌番号4375番原文麻都能氣乃|奈美多流美礼波|伊波妣等乃|和例乎美於久流等|多々理之母己呂訓読松の木の並みたる見れば家人の我れを見送ると立たりしもころかな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4360番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4360番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4360番について歌番号4360番原文天皇乃|等保伎美与尓毛|於之弖流|難波乃久尓々|阿米能之多|之良志賣之伎等|伊麻能乎尓|多要受伊比都々|可氣麻久毛|安夜尓可之古志|可武...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4376番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4376番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4376番について歌番号4376番原文多妣由尓|由久等之良受弖|阿母志々尓|己等麻乎佐受弖|伊麻叙久夜之氣訓読旅行きに行くと知らずて母父に言申さずて今ぞ悔しけかな読みたびゆき...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4361番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4361番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4361番について歌番号4361番原文櫻花|伊麻佐可里奈里|難波乃海|於之弖流宮尓|伎許之賣須奈倍訓読桜花今盛りなり難波の海押し照る宮に聞こしめすなへかな読みさくらばな|いま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4377番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4377番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4377番について歌番号4377番原文阿母刀自母|多麻尓母賀母夜|伊多太伎弖|美都良乃奈可尓|阿敝麻可麻久母訓読母刀自も玉にもがもや戴きてみづらの中に合へ巻かまくもかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4362番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4362番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4362番について歌番号4362番原文海原乃|由多氣伎見都々|安之我知流|奈尓波尓等之波|倍倍久於毛保由訓読海原のゆたけき見つつ葦が散る難波に年は経ぬべく思ほゆかな読みうなは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4378番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4378番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4378番について歌番号4378番原文都久比夜波|須具波由氣等毛|阿母志々可|多麻乃須我多波|和須例西奈布母訓読月日やは過ぐは行けども母父が玉の姿は忘れせなふもかな読みつくひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4363番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4363番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4363番について歌番号4363番原文奈尓波都尓|美布祢於呂須恵|夜蘇加奴伎|伊麻波許伎奴等|伊母尓都氣許曽訓読難波津に御船下ろ据ゑ八十楫貫き今は漕ぎぬと妹に告げこそかな読み...
タイトルとURLをコピーしました