万葉集4454番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4454番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4454番について

歌番号

4454番

原文

高山乃|伊波保尓於布流|須我乃根能|祢母許呂其呂尓|布里於久白雪

訓読

高山の巌に生ふる菅の根のねもころごろに降り置く白雪

かな読み

たかやまの|いはほにおふる|すがのねの|ねもころごろに|ふりおくしらゆき

カタカナ読み

タカヤマノ|イハホニオフル|スガノネノ|ネモコロゴロニ|フリオクシラユキ

ローマ字読み|大文字

TAKAYAMANO|IHAHONIOFURU|SUGANONENO|NEMOKOROGORONI|FURIOKUSHIRAYUKI

ローマ字読み|小文字

takayamano|ihahoniofuru|suganoneno|nemokorogoroni|furiokushirayuki

左注|左註

右一首左大臣作

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年11月28日年紀|植物|橘奈良麻呂|寿歌

校異

特に無し

寛永版本

たかやまの[寛],
いはほにおふる[寛],
すがのねの,[寛]すかのねの,
ねもころごろに,[寛]ねもここころに,
ふりおくしらゆき[寛],

巻数

第20巻

作者

橘諸兄

タイトルとURLをコピーしました