万葉集4481番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4481番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4481番について

歌番号

4481番

原文

安之比奇能|夜都乎乃都婆吉|都良々々尓|美等母安<可>米也|宇恵弖家流伎美

訓読

あしひきの八つ峰の椿つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君

かな読み

あしひきの|やつをのつばき|つらつらに|みともあかめや|うゑてけるきみ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤツヲノツバキ|ツラツラニ|ミトモアカメヤ|ウヱテケルキミ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YATSUONOTSUBAKI|TSURATSURANI|MITOMOAKAMEYA|UETEKERUKIMI

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yatsuonotsubaki|tsuratsurani|mitomoakameya|uetekerukimi

左注|左註

右兵部少輔大伴家持属植椿作

事項|分類・ジャンル

天平勝宝9年3月4日年紀|宴席|大原今城|序詞|植物|枕詞|主人讃美|属目

校異

加->可【元】【類】【古】

寛永版本

あしひきの[寛],
やつをのつばき,[寛]やつをのつはき,
つらつらに[寛],
みともあかめや[寛],
うゑてけるきみ[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました