恋情

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4500番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4500番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4500番について歌番号4500番原文宇梅能波奈|香乎加具波之美|等保家杼母|己許呂母之努尓|伎美乎之曽於毛布訓読梅の花香をかぐはしみ遠けども心もしのに君をしぞ思ふかな読みう...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4475番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4475番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4475番について歌番号4475番原文波都由伎波|知敝尓布里之家|故非之久能|於保加流和礼波|美都々之努波牟訓読初雪は千重に降りしけ恋ひしくの多かる我れは見つつ偲はむかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4476番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4476番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4476番について歌番号4476番原文於久夜麻能|之伎美我波奈能|奈能其等也|之久之久伎美尓|故非和多利奈無訓読奥山のしきみが花の名のごとやしくしく君に恋ひわたりなむかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4479番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4479番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4479番について歌番号4479番原文安佐欲比尓|祢能未之奈氣婆|夜伎多知能|刀其己呂毛安礼|於母比加祢都毛訓読朝夕に音のみし泣けば焼き太刀の利心も我れは思ひかねつもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4443番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4443番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4443番について歌番号4443番原文比佐可多|安米波布里之久|奈弖之故我|伊夜波都波奈尓|故非之伎和我勢訓読ひさかたの雨は降りしくなでしこがいや初花に恋しき我が背かな読みひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4444番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4444番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4444番について歌番号4444番原文和我世故我|夜度奈流波疑乃|波奈佐可牟|安伎能由布敝波|和礼乎之努波世訓読我が背子が宿なる萩の花咲かむ秋の夕は我れを偲はせかな読みわがせ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4445番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4445番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4445番について歌番号4445番原文宇具比須乃|許恵波須疑奴等|於毛倍杼母|之美尓之許己呂|奈保古非尓家里訓読鴬の声は過ぎぬと思へどもしみにし心なほ恋ひにけりかな読みうぐひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4420番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4420番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4420番について歌番号4420番原文久佐麻久良|多妣乃麻流祢乃|比毛多要婆|安我弖等都氣呂|許礼乃波流母志訓読草枕旅の丸寝の紐絶えば我が手と付けろこれの針持しかな読みくさま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4421番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4421番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4421番について歌番号4421番原文和我由伎乃|伊伎都久之可婆|安之我良乃|美祢波保久毛乎|美等登志努波祢訓読我が行きの息づくしかば足柄の峰延ほ雲を見とと偲はねかな読みわが...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4422番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4422番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4422番について歌番号4422番原文和我世奈乎|都久之倍夜里弖|宇都久之美|於妣等可奈々|阿也尓加母祢毛訓読我が背なを筑紫へ遣りて愛しみ帯は解かななあやにかも寝もかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4423番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4423番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4423番について歌番号4423番原文安之我良乃|美佐可尓多志弖|蘇埿布良波|伊波奈流伊毛波|佐夜尓美毛可母訓読足柄の御坂に立して袖振らば家なる妹はさやに見もかもかな読みあし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4424番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4424番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4424番について歌番号4424番原文伊呂夫可久|世奈我許呂母波|曽米麻之乎|美佐可多婆良婆|麻佐夜可尓美無訓読色深く背なが衣は染めましをみ坂給らばまさやかに見むかな読みいろ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4425番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4425番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4425番について歌番号4425番原文佐伎毛利尓|由久波多我世登|刀布比登乎|美流我登毛之佐|毛乃母比毛世受訓読防人に行くは誰が背と問ふ人を見るが羨しさ物思ひもせずかな読みさ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4426番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4426番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4426番について歌番号4426番原文阿米都之乃|可未尓奴佐於伎|伊波比都々|伊麻世和我世奈|阿礼乎之毛波婆訓読天地の神に幣置き斎ひつついませ我が背な我れをし思はばかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4427番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4427番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4427番について歌番号4427番原文伊波乃伊毛呂|和乎之乃布良之|麻由須比尓|由須比之比毛乃|登久良久毛倍婆訓読家の妹ろ我を偲ふらし真結ひに結ひし紐の解くらく思へばかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4428番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4428番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4428番について歌番号4428番原文和我世奈乎|都久志波夜利弖|宇都久之美|叡比波登加奈々|阿夜尓可毛祢牟訓読我が背なを筑紫は遣りて愛しみえひは解かななあやにかも寝むかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4429番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4429番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4429番について歌番号4429番原文宇麻夜奈流|奈波多都古麻乃|於久流我弁|伊毛我伊比之乎|於岐弖可奈之毛訓読馬屋なる縄立つ駒の後るがへ妹が言ひしを置きて悲しもかな読みうま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4431番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4431番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4431番について歌番号4431番原文佐左賀波乃|佐也久志毛用尓|奈々弁加流|去呂毛尓麻世流|古侶賀波太波毛訓読笹が葉のさやぐ霜夜に七重着る衣に増せる子ろが肌はもかな読みささ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4432番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4432番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4432番について歌番号4432番原文佐弁奈弁奴|美許登尓阿礼婆|可奈之伊毛我|多麻久良波奈礼|阿夜尓可奈之毛訓読障へなへぬ命にあれば愛し妹が手枕離れあやに悲しもかな読みさへ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4436番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4436番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4436番について歌番号4436番原文夜未乃欲能|由久左伎之良受|由久和礼乎|伊都伎麻牟等|登比之古良波母訓読闇の夜の行く先知らず行く我れをいつ来まさむと問ひし子らはもかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4440番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4440番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4440番について歌番号4440番原文安之我良乃|夜敝也麻故要弖|伊麻之奈波|多礼乎可伎美等|弥都々志努波牟訓読足柄の八重山越えていましなば誰れをか君と見つつ偲はむかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4441番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4441番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4441番について歌番号4441番原文多知之奈布|伎美我須我多乎|和須礼受波|与能可藝里尓夜|故非和多里奈無訓読立ちしなふ君が姿を忘れずは世の限りにや恋ひわたりなむかな読みた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4419番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4419番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4419番について歌番号4419番原文伊波呂尓波|安之布多氣騰母|須美与氣乎|都久之尓伊多里弖|古布志氣毛波母訓読家ろには葦火焚けども住みよけを筑紫に至りて恋しけ思はもかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4405番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4405番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4405番について歌番号4405番原文和我伊母古我|志濃比尓西餘等|都氣志毛|伊刀尓奈流等母|和波等可自等余訓読我が妹子が偲ひにせよと付けし紐糸になるとも我は解かじとよかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4412番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4412番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4412番について歌番号4412番原文之麻可氣尓|和我布祢波弖氐|都氣也良牟|都可比乎奈美也|古非都々由加牟訓読島蔭に我が船泊てて告げ遣らむ使を無みや恋ひつつ行かむかな読みし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4415番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4415番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4415番について歌番号4415番原文志良多麻乎|弖尓刀里母之弖|美流乃須母|伊弊奈流伊母乎|麻多美弖毛母也訓読白玉を手に取り持して見るのすも家なる妹をまた見てももやかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4416番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4416番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4416番について歌番号4416番原文久佐麻久良|多比由苦世奈我|麻流祢世婆|伊波奈流和礼波|比毛等加受祢牟訓読草枕旅行く背なが丸寝せば家なる我れは紐解かず寝むかな読みくさま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4417番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4417番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4417番について歌番号4417番原文阿加胡麻乎|夜麻努尓波賀志|刀里加尓弖|多麻余許夜麻|加志由加也良牟訓読赤駒を山野にはがし捕りかにて多摩の横山徒歩ゆか遣らむかな読みあか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4418番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4418番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4418番について歌番号4418番原文和我可度乃|可多夜麻都婆伎|麻己等奈礼|和我弖布礼奈々|都知尓於知母加毛訓読我が門の片山椿まこと汝れ我が手触れなな土に落ちもかもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4383番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4383番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4383番について歌番号4383番原文都乃久尓乃|宇美能奈伎佐尓|布奈餘曽比|多志埿毛等伎尓|阿母我米母我母訓読津の国の海の渚に船装ひ立し出も時に母が目もがもかな読みつのくに...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4386番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4386番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4386番について歌番号4386番原文和加々都乃|以都母等夜奈枳|以都母々々々|於母加古比須々|奈理麻之都之母訓読我が門の五本柳いつもいつも母が恋すす業りましつしもかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4387番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4387番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4387番について歌番号4387番原文知波乃奴乃|古乃弖加之波能|保々麻例等|阿夜尓加奈之美|於枳弖他加枳奴訓読千葉の野の児手柏のほほまれどあやに愛しみ置きて誰が来ぬかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4390番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4390番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4390番について歌番号4390番原文牟浪他麻乃|久留尓久枳作之|加多米等之|以母加去々里波|阿用久奈米加母訓読群玉の枢にくぎさし堅めとし妹が心は動くなめかもかな読みむらたま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4391番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4391番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4391番について歌番号4391番原文久尓乃|夜之呂乃加美尓|奴佐麻都理|阿加古比須奈牟|伊母賀加奈志作訓読国々の社の神に幣奉り贖乞ひすなむ妹が愛しさかな読みくにぐにの|やし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4392番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4392番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4392番について歌番号4392番原文阿米都之乃|以都例乃可美乎|以乃良波加|有都久之波々尓|麻多己等刀波牟訓読天地のいづれの神を祈らばか愛し母にまた言とはむかな読みあめつし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4393番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4393番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4393番について歌番号4393番原文於保伎美能|美許等尓例波|知々波々乎|以波比等於枳弖|麻為弖枳尓之乎訓読大君の命にされば父母を斎瓮と置きて参ゐ出来にしをかな読みおほきみ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4376番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4376番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4376番について歌番号4376番原文多妣由尓|由久等之良受弖|阿母志々尓|己等麻乎佐受弖|伊麻叙久夜之氣訓読旅行きに行くと知らずて母父に言申さずて今ぞ悔しけかな読みたびゆき...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4377番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4377番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4377番について歌番号4377番原文阿母刀自母|多麻尓母賀母夜|伊多太伎弖|美都良乃奈可尓|阿敝麻可麻久母訓読母刀自も玉にもがもや戴きてみづらの中に合へ巻かまくもかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4378番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4378番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4378番について歌番号4378番原文都久比夜波|須具波由氣等毛|阿母志々可|多麻乃須我多波|和須例西奈布母訓読月日やは過ぐは行けども母父が玉の姿は忘れせなふもかな読みつくひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4363番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4363番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4363番について歌番号4363番原文奈尓波都尓|美布祢於呂須恵|夜蘇加奴伎|伊麻波許伎奴等|伊母尓都氣許曽訓読難波津に御船下ろ据ゑ八十楫貫き今は漕ぎぬと妹に告げこそかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4365番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4365番について歌番号4365番原文於之弖流夜|奈尓波能利|布奈与曽比|阿例波許藝奴等|伊母尓都岐許曽訓読押し照るや難波の津ゆり船装ひ我れは漕ぎぬと妹に告ぎこそかな読みおし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4366番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4366番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4366番について歌番号4366番原文比多知散思|由可牟加里母我|阿我古比乎|志留志弖都祁弖|伊母尓志良世牟訓読常陸指し行かむ雁もが我が恋を記して付けて妹に知らせむかな読みひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4367番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4367番について歌番号4367番原文阿我母弖能|和須例母之太波|都久波尼乎|布利佐氣美都々|伊母波之奴波尼訓読我が面の忘れもしだは筑波嶺を振り放け見つつ妹は偲はねかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4368番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4368番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4368番について歌番号4368番原文久自我波々|佐氣久阿利麻弖|志富夫祢尓|麻可知之自奴伎|和波可敝里許牟訓読久慈川は幸くあり待て潮船にま楫しじ貫き我は帰り来むかな読みくじ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4369番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4369番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4369番について歌番号4369番原文都久波祢乃|佐由流能波奈能|由等許尓母|可奈之家伊母曽|比留毛可奈之祁訓読筑波嶺のさ百合の花の夜床にも愛しけ妹ぞ昼も愛しけかな読みつくは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4371番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4371番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4371番について歌番号4371番原文多知波奈乃|之多布久可是乃|可具波志伎|都久波能夜麻乎|古比須安良米可毛訓読橘の下吹く風のかぐはしき筑波の山を恋ひずあらめかもかな読みた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4375番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4375番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4375番について歌番号4375番原文麻都能氣乃|奈美多流美礼波|伊波妣等乃|和例乎美於久流等|多々理之母己呂訓読松の木の並みたる見れば家人の我れを見送ると立たりしもころかな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4351番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4351番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4351番について歌番号4351番原文多己呂母|夜倍伎可佐祢弖|伊努礼等母|奈保波太佐牟志|伊母尓阿良祢婆訓読旅衣八重着重ねて寐のれどもなほ肌寒し妹にしあらねばかな読みたびこ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4352番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4352番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4352番について歌番号4352番原文美知乃倍乃|宇万良能宇礼尓|波保麻米乃|可良麻流伎美乎|波可礼加由加牟訓読道の辺の茨のうれに延ほ豆のからまる君をはかれか行かむかな読みみ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4353番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4353番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4353番について歌番号4353番原文伊倍加是波|比尓々々布氣等|和伎母古賀|伊倍其登母遅弖|久流比等母奈之訓読家風は日に日に吹けど我妹子が家言持ちて来る人もなしかな読みいへ...
タイトルとURLをコピーしました