万葉集4377番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4377番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4377番について

歌番号

4377番

原文

阿母刀自母|多麻尓母賀母夜|伊多太伎弖|美都良乃奈可尓|阿敝麻可麻久母

訓読

母刀自も玉にもがもや戴きてみづらの中に合へ巻かまくも

かな読み

あもとじも|たまにもがもや|いただきて|みづらのなかに|あへまかまくも

カタカナ読み

アモトジモ|タマニモガモヤ|イタダキテ|ミヅラノナカニ|アヘマカマクモ

ローマ字読み|大文字

AMOTOJIMO|TAMANIMOGAMOYA|ITADAKITE|MIZURANONAKANI|AHEMAKAMAKUMO

ローマ字読み|小文字

amotojimo|tamanimogamoya|itadakite|mizuranonakani|ahemakamakumo

左注|左註

右一首津守宿祢小黒栖||二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月14日年紀|防人歌|栃木|田口大戸|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あもとじも,[寛]あもとしも,
たまにもがもや,[寛]たまにもかもや,
いただきて,[寛]いたたきて,
みづらのなかに,[寛]みつらのなかに,
あへまかまくも[寛],

巻数

第20巻

作者

津守小黒栖

タイトルとURLをコピーしました