万葉集4417番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4417番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4417番について

歌番号

4417番

原文

阿加胡麻乎|夜麻努尓波賀志|刀里加尓弖|多麻<能>余許夜麻|加志由加也良牟

訓読

赤駒を山野にはがし捕りかにて多摩の横山徒歩ゆか遣らむ

かな読み

あかごまを|やまのにはがし|とりかにて|たまのよこやま|かしゆかやらむ

カタカナ読み

アカゴマヲ|ヤマノニハガシ|トリカニテ|タマノヨコヤマ|カシユカヤラム

ローマ字読み|大文字

AKAGOMAO|YAMANONIHAGASHI|TORIKANITE|TAMANOYOKOYAMA|KASHIYUKAYARAMU

ローマ字読み|小文字

akagomao|yamanonihagashi|torikanite|tamanoyokoyama|kashiyukayaramu

左注|左註

右一首豊嶋郡上丁椋椅部荒虫之妻宇遅部黒女||二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月29日年紀|防人歌|地名|女歌|埼玉|安曇三國|恋情

校異

乃->能【元】【類】

寛永版本

あかごまを,[寛]あかこまを,
やまのにはがし[寛]やまのにはかし,
とりかにて[寛],
たまのよこやま[寛],
かしゆかやらむ[寛],

巻数

第20巻

作者

椋椅部荒虫妻|宇遅部黒女

タイトルとURLをコピーしました