万葉集4378番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4378番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4378番について

歌番号

4378番

原文

都久比夜波|須具波由氣等毛|阿母志々可|多麻乃須我多波|和須例西奈布母

訓読

月日やは過ぐは行けども母父が玉の姿は忘れせなふも

かな読み

つくひやは|すぐはゆけども|あもししが|たまのすがたは|わすれせなふも

カタカナ読み

ツクヒヤハ|スグハユケドモ|アモシシガ|タマノスガタハ|ワスレセナフモ

ローマ字読み|大文字

TSUKUHIYAHA|SUGUHAYUKEDOMO|AMOSHISHIGA|TAMANOSUGATAHA|WASURESENAFUMO

ローマ字読み|小文字

tsukuhiyaha|suguhayukedomo|amoshishiga|tamanosugataha|wasuresenafumo

左注|左註

右一首都賀郡上丁中臣部足國||二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月14日年紀|防人歌|恋情|望郷|栃木|田口大戸

校異

特に無し

寛永版本

つくひやは,[寛]つくひよは,
すぐはゆけども,[寛]すくはゆけとも,
あもししが,[寛]あもししか,
たまのすがたは,[寛]たまのすかたは,
わすれせなふも[寛],

巻数

第20巻

作者

中臣部足國

タイトルとURLをコピーしました