万葉集4419番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4419番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4419番について

歌番号

4419番

原文

伊波呂尓波|安之布多氣騰母|須美与氣乎|都久之尓伊多里弖|古布志氣毛波母

訓読

家ろには葦火焚けども住みよけを筑紫に至りて恋しけ思はも

かな読み

いはろには|あしふたけども|すみよけを|つくしにいたりて|こふしけもはも

カタカナ読み

イハロニハ|アシフタケドモ|スミヨケヲ|ツクシニイタリテ|コフシケモハモ

ローマ字読み|大文字

IHARONIHA|ASHIFUTAKEDOMO|SUMIYOKEO|TSUKUSHINIITARITE|KOFUSHIKEMOHAMO

ローマ字読み|小文字

iharoniha|ashifutakedomo|sumiyokeo|tsukushiniitarite|kofushikemohamo

左注|左註

右一首橘樹郡上丁物部真根||二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月29日年紀|防人歌|埼玉|安曇三國|望郷|恋情|地名

校異

特に無し

寛永版本

いはろには[寛],
あしふたけども,[寛]あしふたけとも,
すみよけを,[寛]すみよけむ,
つくしにいたりて[寛],
こふしけもはも[寛],

巻数

第20巻

作者

物部真根

タイトルとURLをコピーしました