万葉集4337番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4337番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4337番について

歌番号

4337番

原文

美豆等<利>乃|多知能已蘇岐尓|父母尓|毛能波須價尓弖|已麻叙久夜志伎

訓読

水鳥の立ちの急ぎに父母に物言はず来にて今ぞ悔しき

かな読み

みづとりの|たちのいそぎに|ちちははに|ものはずけにて|いまぞくやしき

カタカナ読み

ミヅトリノ|タチノイソギニ|チチハハニ|モノハズケニテ|イマゾクヤシキ

ローマ字読み|大文字

MIZUTORINO|TACHINOISOGINI|CHICHIHAHANI|MONOHAZUKENITE|IMAZOKUYASHIKI

ローマ字読み|小文字

mizutorino|tachinoisogini|chichihahani|monohazukenite|imazokuyashiki

左注|左註

右一首上丁有度部牛麻呂||二月七日駿河國防人部領使守従五位下布勢朝臣人主實進九日歌數廿首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月9日年紀|防人歌|植物|恋情|悲嘆|静岡|布勢人主

校異

里->利【元】【類】【細】

寛永版本

みづとりの,[寛]みつとりの,
たちのいそぎに,[寛]たちのいそきに,
ちちははに[寛],
ものはずけにて,[寛]ものはすきにて,
いまぞくやしき,[寛]いまそくらしき,

巻数

第20巻

作者

有度部牛麻呂

タイトルとURLをコピーしました