万葉集4500番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4500番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4500番について

歌番号

4500番

原文

宇梅能波奈|香乎加具波之美|等保家杼母|己許呂母之努尓|伎美乎之曽於毛布

訓読

梅の花香をかぐはしみ遠けども心もしのに君をしぞ思ふ

かな読み

うめのはな|かをかぐはしみ|とほけども|こころもしのに|きみをしぞおもふ

カタカナ読み

ウメノハナ|カヲカグハシミ|トホケドモ|ココロモシノニ|キミヲシゾオモフ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|KAOKAGUHASHIMI|TOHOKEDOMO|KOKOROMOSHINONI|KIMIOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

umenohana|kaokaguhashimi|tohokedomo|kokoromoshinoni|kimioshizomofu

左注|左註

右一首治部大輔市原王

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年2月年紀|宴席|中臣清麻呂|植物|恋情|主人讃美

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
かをかぐはしみ,[寛]かをかくはしみ,
とほけども,[寛]とほけとも,
こころもしのに[寛],
きみをしぞおもふ,[寛]きみをしそおもふ,

巻数

第20巻

作者

市原王

タイトルとURLをコピーしました