万葉集4479番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4479番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4479番について

歌番号

4479番

原文

安佐欲比尓|祢能未之奈氣婆|夜伎多知能|刀其己呂毛安礼<波>|於母比加祢都毛

訓読

朝夕に音のみし泣けば焼き太刀の利心も我れは思ひかねつも

かな読み

あさよひに|ねのみしなけば|やきたちの|とごころもあれは|おもひかねつも

カタカナ読み

アサヨヒニ|ネノミシナケバ|ヤキタチノ|トゴコロモアレハ|オモヒカネツモ

ローマ字読み|大文字

ASAYOHINI|NENOMISHINAKEBA|YAKITACHINO|TOGOKOROMOAREHA|OMOHIKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

asayohini|nenomishinakeba|yakitachino|togokoromoareha|omohikanetsumo

左注|左註

右件四首傳讀兵部大丞大原今城

事項|分類・ジャンル

古歌|伝誦|大原今城|枕詞|恋情|相聞

校異

婆->波【元】【紀】【細】

寛永版本

あさよひに[寛],
ねのみしなけば,[寛]ねのみしなけは,
やきたちの[寛],
とごころもあれは,[寛]とこころもあれは,
おもひかねつも[寛],

巻数

第20巻

作者

藤原氷上夫人

タイトルとURLをコピーしました