万葉集4376番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4376番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4376番について

歌番号

4376番

原文

多妣由<岐>尓|由久等之良受弖|阿母志々尓|己等麻乎佐受弖|伊麻叙久夜之氣

訓読

旅行きに行くと知らずて母父に言申さずて今ぞ悔しけ

かな読み

たびゆきに|ゆくとしらずて|あもししに|ことまをさずて|いまぞくやしけ

カタカナ読み

タビユキニ|ユクトシラズテ|アモシシニ|コトマヲサズテ|イマゾクヤシケ

ローマ字読み|大文字

TABIYUKINI|YUKUTOSHIRAZUTE|AMOSHISHINI|KOTOMAOSAZUTE|IMAZOKUYASHIKE

ローマ字読み|小文字

tabiyukini|yukutoshirazute|amoshishini|kotomaosazute|imazokuyashike

左注|左註

右一首寒川郡上丁川上<臣>老||二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月14日年紀|防人歌|後悔|出発|羈旅|悲別|恋情|栃木|田口大戸

校異

伎->岐【元】【類】【古】|叙【元】所|呂->臣【元】【紀】【細】

寛永版本

たびゆきに,[寛]たひゆきに,
ゆくとしらずて,[寛]ゆくとしらすて,
あもししに[寛],
ことまをさずて,[寛]ことまをさすて,
いまぞくやしけ,[寛]いまそくやしけ,

巻数

第20巻

作者

川上老

タイトルとURLをコピーしました