万葉集4412番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4412番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4412番について

歌番号

4412番

原文

之麻可氣尓|和我布祢波弖氐|都氣也良牟|都可比乎奈美也|古非都々由加牟

訓読

島蔭に我が船泊てて告げ遣らむ使を無みや恋ひつつ行かむ

かな読み

しまかげに|わがふねはてて|つげやらむ|つかひをなみや|こひつつゆかむ

カタカナ読み

シマカゲニ|ワガフネハテテ|ツゲヤラム|ツカヒヲナミヤ|コヒツツユカム

ローマ字読み|大文字

SHIMAKAGENI|WAGAFUNEHATETE|TSUGEYARAMU|TSUKAHIONAMIYA|KOHITSUTSUYUKAMU

ローマ字読み|小文字

shimakageni|wagafunehatete|tsugeyaramu|tsukahionamiya|kohitsutsuyukamu

左注|左註

二月廿三日兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月23日年紀|防人歌|望郷|同情|恋情

校異

特に無し

寛永版本

しまかげに,[寛]しまかけに,
わがふねはてて,[寛]わかふねはてて,
つげやらむ,[寛]つけやらむ,
つかひをなみや[寛],
こひつつゆかむ[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました