万葉集4375番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4375番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4375番について

歌番号

4375番

原文

麻都能氣乃|奈美多流美礼波|伊波妣等乃|和例乎美於久流等|多々理之母己呂

訓読

松の木の並みたる見れば家人の我れを見送ると立たりしもころ

かな読み

まつのけの|なみたるみれば|いはびとの|われをみおくると|たたりしもころ

カタカナ読み

マツノケノ|ナミタルミレバ|イハビトノ|ワレヲミオクルト|タタリシモコロ

ローマ字読み|大文字

MATSUNOKENO|NAMITARUMIREBA|IHABITONO|WAREOMIOKURUTO|TATARISHIMOKORO

ローマ字読み|小文字

matsunokeno|namitarumireba|ihabitono|wareomiokuruto|tatarishimokoro

左注|左註

右一首火長物部真嶋||二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月14日年紀|防人歌|栃木|田口大戸|恋情|望郷

校異

波【紀】【細】【温】婆

寛永版本

まつのけの,[寛]まつのきの,
なみたるみれば,[寛]なみたるみれは,
いはびとの,[寛]いはひとの,
われをみおくると,[寛]われをみおくると,
たたりしもころ[寛],

巻数

第20巻

作者

物部真嶋

タイトルとURLをコピーしました