万葉集4415番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4415番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4415番について

歌番号

4415番

原文

志良多麻乎|弖尓刀里母之弖|美流乃須母|伊弊奈流伊母乎|麻多美弖毛母也

訓読

白玉を手に取り持して見るのすも家なる妹をまた見てももや

かな読み

しらたまを|てにとりもして|みるのすも|いへなるいもを|またみてももや

カタカナ読み

シラタマヲ|テニトリモシテ|ミルノスモ|イヘナルイモヲ|マタミテモモヤ

ローマ字読み|大文字

SHIRATAMAO|TENITORIMOSHITE|MIRUNOSUMO|IHENARUIMO|MATAMITEMOMOYA

ローマ字読み|小文字

shiratamao|tenitorimoshite|mirunosumo|ihenaruimo|matamitemomoya

左注|左註

右一首主帳荏原郡物部歳徳||二月廿<九>日武蔵國部領防人使掾正六位上安曇宿祢三國進歌數廿首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月29日年紀|防人歌|埼玉|安曇三國|悲別|恋情|望郷

校異

特に無し

寛永版本

しらたまを[寛],
てにとりもして[寛],
みるのすも[寛],
いへなるいもを[寛],
またみてももや[寛],

巻数

第20巻

作者

物部歳徳

タイトルとURLをコピーしました