植物

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4508番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4508番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4508番について歌番号4508番原文多可麻刀能|努敝波布久受乃|須恵都比尓|知与尓和須礼牟|和我於保伎美加母訓読高圓の野辺延ふ葛の末つひに千代に忘れむ我が大君かもかな読みた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4509番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4509番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4509番について歌番号4509番原文波布久受能|多要受之努波牟|於保吉美|賣之思野邊尓波|之米由布倍之母訓読延ふ葛の絶えず偲はむ大君の見しし野辺には標結ふべしもかな読みはふ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4511番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4511番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4511番について歌番号4511番原文乎之能須牟|伎美我許乃之麻|家布美礼婆|安之婢乃波奈毛|左伎尓家流可母訓読鴛鴦の住む君がこの山斎今日見れば馬酔木の花も咲きにけるかもかな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4512番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4512番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4512番について歌番号4512番原文伊氣美豆尓|可氣左倍見要氐|佐伎尓保布|安之婢乃波奈乎|蘇弖尓古伎礼奈訓読池水に影さへ見えて咲きにほふ馬酔木の花を袖に扱入れなかな読みい...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4513番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4513番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4513番について歌番号4513番原文伊蘇可氣乃|美由流伊氣美豆|氐流麻埿尓|左家流安之婢乃|知良麻久乎思母訓読礒影の見ゆる池水照るまでに咲ける馬酔木の散らまく惜しもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4515番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4515番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4515番について歌番号4515番原文秋風乃|須恵布伎奈婢久|波疑能花|登毛尓加射左受|安比加和可礼牟訓読秋風の末吹き靡く萩の花ともにかざさず相か別れむかな読みあきかぜの|す...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4484番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4484番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4484番について歌番号4484番原文佐久波奈波|宇都呂布等伎安里|安之比奇乃|夜麻須我乃祢之|奈我久波安利家里訓読咲く花は移ろふ時ありあしひきの山菅の根し長くはありけりかな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4496番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4496番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4496番について歌番号4496番原文宇良賣之久|伎美波母安流加|夜度乃烏梅|知利須具流麻埿|美之米受安利家流訓読恨めしく君はもあるか宿の梅の散り過ぐるまで見しめずありけるか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4497番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4497番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4497番について歌番号4497番原文美牟等伊波婆|伊奈等伊波米也|宇梅乃波奈|知利須具流麻弖|伎美我伎麻左奴訓読見むと言はば否と言はめや梅の花散り過ぐるまで君が来まさぬかな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4498番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4498番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4498番について歌番号4498番原文波之伎余之|家布能安路自波|伊蘇麻都能|都祢尓伊麻佐祢|伊麻母美流其等訓読はしきよし今日の主人は礒松の常にいまさね今も見るごとかな読みは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4500番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4500番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4500番について歌番号4500番原文宇梅能波奈|香乎加具波之美|等保家杼母|己許呂母之努尓|伎美乎之曽於毛布訓読梅の花香をかぐはしみ遠けども心もしのに君をしぞ思ふかな読みう...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4501番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4501番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4501番について歌番号4501番原文夜知久佐能|波奈波宇都呂布|等伎波奈流|麻都能左要太乎|和礼波牟須婆奈訓読八千種の花は移ろふ常盤なる松のさ枝を我れは結ばなかな読みやちく...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4502番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4502番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4502番について歌番号4502番原文烏梅能波奈|左伎知流波流能|奈我伎比乎|美礼杼母安加奴|伊蘇尓母安流香母訓読梅の花咲き散る春の長き日を見れども飽かぬ礒にもあるかもかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4471番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4471番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4471番について歌番号4471番原文氣能己里能|由伎尓安倍弖流|安之比奇|夜麻多知波奈乎|都刀尓通弥許奈訓読消残りの雪にあへ照るあしひきの山橘をつとに摘み来なかな読みけのこ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4476番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4476番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4476番について歌番号4476番原文於久夜麻能|之伎美我波奈能|奈能其等也|之久之久伎美尓|故非和多利奈無訓読奥山のしきみが花の名のごとやしくしく君に恋ひわたりなむかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4481番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4481番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4481番について歌番号4481番原文安之比奇能|夜都乎乃都婆吉|都良々々尓|美等母安米也|宇恵弖家流伎美訓読あしひきの八つ峰の椿つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君かな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4450番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4450番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4450番について歌番号4450番原文和我勢故我|夜度能奈弖之故|知良米也母|伊夜波都波奈尓|佐伎波麻須等母訓読我が背子が宿のなでしこ散らめやもいや初花に咲きは増すともかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4451番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4451番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4451番について歌番号4451番原文宇流波之美|安我毛布伎美波|奈弖之故我|波奈尓奈倍弖|美礼杼安可奴香母訓読うるはしみ我が思ふ君はなでしこが花になそへて見れど飽かぬかもか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4454番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4454番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4454番について歌番号4454番原文高山乃|伊波保尓於布流|須我乃根能|祢母許呂其呂尓|布里於久白雪訓読高山の巌に生ふる菅の根のねもころごろに降り置く白雪かな読みたかやまの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4455番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4455番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4455番について歌番号4455番原文安可祢須|比流波多々婢弖|奴婆多麻乃|欲流乃伊刀末仁|都賣流芹子許礼訓読あかねさす昼は田賜びてぬばたまの夜のいとまに摘める芹これかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4456番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4456番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4456番について歌番号4456番原文麻須良乎等|於毛敝流母能乎|多知波吉弖|可尓波乃多為尓|世理曽都美家流訓読大夫と思へるものを太刀佩きて可尓波の田居に芹ぞ摘みけるかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4457番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4457番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4457番について歌番号4457番原文須美乃江能|波麻末都我根乃|之多倍弖|和我見流乎努能|久佐奈加利曽祢訓読住吉の浜松が根の下延へて我が見る小野の草な刈りそねかな読みすみの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4442番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4442番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4442番について歌番号4442番原文和我勢故我|夜度乃奈弖之故|比奈良倍弖|安米波布礼杼母|伊呂毛可波良受訓読我が背子が宿のなでしこ日並べて雨は降れども色も変らずかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4443番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4443番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4443番について歌番号4443番原文比佐可多|安米波布里之久|奈弖之故我|伊夜波都波奈尓|故非之伎和我勢訓読ひさかたの雨は降りしくなでしこがいや初花に恋しき我が背かな読みひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4444番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4444番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4444番について歌番号4444番原文和我世故我|夜度奈流波疑乃|波奈佐可牟|安伎能由布敝波|和礼乎之努波世訓読我が背子が宿なる萩の花咲かむ秋の夕は我れを偲はせかな読みわがせ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4446番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4446番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4446番について歌番号4446番原文和我夜度尓|佐家流奈弖之故|麻比波勢牟|由米波奈知流奈|伊也乎知尓左家訓読我が宿に咲けるなでしこ賄はせむゆめ花散るないやをちに咲けかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4448番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4448番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4448番について歌番号4448番原文安治佐為能|夜敝佐久其等久|夜都与尓乎|伊麻世和我勢故|美都々思努波牟訓読あぢさゐの八重咲くごとく八つ代にをいませ我が背子見つつ偲はむか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4449番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4449番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4449番について歌番号4449番原文奈弖之故我|波奈等里母知弖|宇都良々々々|美麻久能富之伎|吉美尓母安流加母訓読なでしこが花取り持ちてうつらうつら見まくの欲しき君にもある...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4418番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4418番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4418番について歌番号4418番原文和我可度乃|可多夜麻都婆伎|麻己等奈礼|和我弖布礼奈々|都知尓於知母加毛訓読我が門の片山椿まこと汝れ我が手触れなな土に落ちもかもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4387番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4387番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4387番について歌番号4387番原文知波乃奴乃|古乃弖加之波能|保々麻例等|阿夜尓加奈之美|於枳弖他加枳奴訓読千葉の野の児手柏のほほまれどあやに愛しみ置きて誰が来ぬかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4395番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4395番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4395番について歌番号4395番原文多都多夜麻|見都々古要許之|佐久良波奈|知利加須疑奈牟|和我可敝流刀訓読龍田山見つつ越え来し桜花散りか過ぎなむ我が帰るとにかな読みたつた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4361番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4361番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4361番について歌番号4361番原文櫻花|伊麻佐可里奈里|難波乃海|於之弖流宮尓|伎許之賣須奈倍訓読桜花今盛りなり難波の海押し照る宮に聞こしめすなへかな読みさくらばな|いま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4362番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4362番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4362番について歌番号4362番原文海原乃|由多氣伎見都々|安之我知流|奈尓波尓等之波|倍倍久於毛保由訓読海原のゆたけき見つつ葦が散る難波に年は経ぬべく思ほゆかな読みうなは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4369番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4369番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4369番について歌番号4369番原文都久波祢乃|佐由流能波奈能|由等許尓母|可奈之家伊母曽|比留毛可奈之祁訓読筑波嶺のさ百合の花の夜床にも愛しけ妹ぞ昼も愛しけかな読みつくは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4371番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4371番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4371番について歌番号4371番原文多知波奈乃|之多布久可是乃|可具波志伎|都久波能夜麻乎|古比須安良米可毛訓読橘の下吹く風のかぐはしき筑波の山を恋ひずあらめかもかな読みた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4337番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4337番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4337番について歌番号4337番原文美豆等乃|多知能已蘇岐尓|父母尓|毛能波須價尓弖|已麻叙久夜志伎訓読水鳥の立ちの急ぎに父母に物言はず来にて今ぞ悔しきかな読みみづとりの|...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4341番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4341番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4341番について歌番号4341番原文多知波奈能|美袁利乃佐刀尓|父乎於伎弖|道乃長道波|由伎加弖加毛訓読橘の美袁利の里に父を置きて道の長道は行きかてのかもかな読みたちばなの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4326番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4326番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4326番について歌番号4326番原文父母我|等能々志利弊乃|母々余具佐|母々与伊弖麻勢|和我伎多流麻弖訓読父母が殿の後方のももよ草百代いでませ我が来るまでかな読みちちははが...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4314番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4314番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4314番について歌番号4314番原文八千種尓|久佐奇乎宇恵弖|等伎其等尓|佐加牟波奈乎之|見都追思波奈訓読八千種に草木を植ゑて時ごとに咲かむ花をし見つつ偲はなかな読みやちく...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4315番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4315番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4315番について歌番号4315番原文宮人乃|蘇泥都氣其呂母|安伎波疑尓|仁保比与呂之伎|多加麻刀能美夜訓読宮人の袖付け衣秋萩ににほひよろしき高圓の宮かな読みみやひとの|そで...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4316番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4316番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4316番について歌番号4316番原文多可麻刀能|宮乃須蘇未乃|努都可佐尓|伊麻左家流良武|乎美奈弊之波母訓読高圓の宮の裾廻の野づかさに今咲けるらむをみなへしはもかな読みたか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4318番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4318番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4318番について歌番号4318番原文安伎能野尓|都由於弊流波疑乎|多乎良受弖|安多良佐可里乎|須之弖牟登香訓読秋の野に露負へる萩を手折らずてあたら盛りを過ぐしてむとかかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4320番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4320番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4320番について歌番号4320番原文麻須良男乃|欲妣多天思加婆|左乎之加能|牟奈和氣由加牟|安伎野波疑波良訓読大夫の呼び立てしかばさを鹿の胸別け行かむ秋野萩原かな読みますら...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4291番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4291番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4291番について歌番号4291番原文和我屋度能|伊佐左村竹|布久風能|於等能可蘇氣伎|許能由布敝可母訓読我が宿のい笹群竹吹く風の音のかそけきこの夕かもかな読みわがやどの|い...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4295番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4295番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4295番について歌番号4295番原文多可麻刀能|乎婆奈布伎故酒|秋風尓|比毛等伎安氣奈|多太奈良受等母訓読高円の尾花吹き越す秋風に紐解き開けな直ならずともかな読みたかまとの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4296番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4296番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4296番について歌番号4296番原文安麻久母尓|可里曽奈久奈流|多加麻刀能|波疑乃之多婆波|毛美知安倍牟可聞訓読天雲に雁ぞ鳴くなる高円の萩の下葉はもみちあへむかもかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4297番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4297番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4297番について歌番号4297番原文乎美奈之|安伎波疑之努藝|左乎之可能|都由和氣奈加牟|多加麻刀能野曽訓読をみなへし秋萩しのぎさを鹿の露別け鳴かむ高圓の野ぞかな読みをみな...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4301番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4301番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4301番について歌番号4301番原文伊奈美野乃|安可良我之波々|等伎波安礼騰|伎美乎安我毛布|登伎波佐祢奈之訓読印南野の赤ら柏は時はあれど君を我が思ふ時はさねなしかな読みい...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4302番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4302番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4302番について歌番号4302番原文夜麻夫伎波|奈埿都々於保佐牟|安里都々母|伎美伎麻之都々|可射之多里家利訓読山吹は撫でつつ生ほさむありつつも君来ましつつかざしたりけりか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4303番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4303番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4303番について歌番号4303番原文和我勢故我|夜度乃也麻夫伎|佐吉弖安良婆|也麻受可欲波牟|伊夜登之能波尓訓読我が背子が宿の山吹咲きてあらばやまず通はむいや年の端にかな読...
タイトルとURLをコピーしました