万葉集4484番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4484番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4484番について

歌番号

4484番

原文

佐久波奈波|宇都呂布等伎安里|安之比奇乃|夜麻須我乃祢之|奈我久波安利家里

訓読

咲く花は移ろふ時ありあしひきの山菅の根し長くはありけり

かな読み

さくはなは|うつろふときあり|あしひきの|やますがのねし|ながくはありけり

カタカナ読み

サクハナハ|ウツロフトキアリ|アシヒキノ|ヤマスガノネシ|ナガクハアリケリ

ローマ字読み|大文字

SAKUHANAHA|UTSUROFUTOKIARI|ASHIHIKINO|YAMASUGANONESHI|NAGAKUHAARIKERI

ローマ字読み|小文字

sakuhanaha|utsurofutokiari|ashihikino|yamasuganoneshi|nagakuhaarikeri

左注|左註

右一首大伴宿祢家持悲怜物色變化作之也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝9年年紀|枕詞|植物|悲嘆|無常|寿歌|永遠

校異

特に無し

寛永版本

さくはなは[寛],
うつろふときあり[寛],
あしひきの[寛],
やますがのねし,[寛]やますかのねし,
ながくはありけり,[寛]なかくはありけり,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました