万葉集4502番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4502番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4502番について

歌番号

4502番

原文

烏梅能波奈|左伎知流波流能|奈我伎比乎|美礼杼母安加奴|伊蘇尓母安流香母

訓読

梅の花咲き散る春の長き日を見れども飽かぬ礒にもあるかも

かな読み

うめのはな|さきちるはるの|ながきひを|みれどもあかぬ|いそにもあるかも

カタカナ読み

ウメノハナ|サキチルハルノ|ナガキヒヲ|ミレドモアカヌ|イソニモアルカモ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SAKICHIRUHARUNO|NAGAKIHIO|MIREDOMOAKANU|ISONIMOARUKAMO

ローマ字読み|小文字

umenohana|sakichiruharuno|nagakihio|miredomoakanu|isonimoarukamo

左注|左註

右一首大蔵大輔甘南備伊香真人

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年2月年紀|植物|宴席|中臣清麻呂|宴席讃美

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
さきちるはるの[寛],
ながきひを,[寛]なかきひを,
みれどもあかぬ,[寛]みれともあかぬ,
いそにもあるかも[寛],

巻数

第20巻

作者

甘南備伊香

タイトルとURLをコピーしました