万葉集4320番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4320番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4320番について

歌番号

4320番

原文

麻須良男乃|欲妣多天思加婆|左乎之加能|牟奈和氣由加牟|安伎野波疑波良

訓読

大夫の呼び立てしかばさを鹿の胸別け行かむ秋野萩原

かな読み

ますらをの|よびたてしかば|さをしかの|むなわけゆかむ|あきのはぎはら

カタカナ読み

マスラヲノ|ヨビタテシカバ|サヲシカノ|ムナワケユカム|アキノハギハラ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|YOBITATESHIKABA|SAOSHIKANO|MUNAWAKEYUKAMU|AKINOHAGIHARA

ローマ字読み|小文字

masuraono|yobitateshikaba|saoshikano|munawakeyukamu|akinohagihara

左注|左註

右歌六首兵部少輔大伴宿祢家持獨憶秋野聊述拙懐作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年年紀|独詠|高円|奈良|宮廷|動物|植物

校異

特に無し

寛永版本

ますらをの[寛],
よびたてしかば,[寛]よひたてしかは,
さをしかの[寛],
むなわけゆかむ[寛],
あきのはぎはら,[寛]あきのはきはら,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました