万葉集4301番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4301番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4301番について

歌番号

4301番

原文

伊奈美野乃|安可良我之波々|等伎波安礼騰|伎美乎安我毛布|登伎波佐祢奈之

訓読

印南野の赤ら柏は時はあれど君を我が思ふ時はさねなし

かな読み

いなみのの|あからがしはは|ときはあれど|きみをあがもふ|ときはさねなし

カタカナ読み

イナミノノ|アカラガシハハ|トキハアレド|キミヲアガモフ|トキハサネナシ

ローマ字読み|大文字

INAMINONO|AKARAGASHIHAHA|TOKIHAAREDO|KIMIOAGAMOFU|TOKIHASANENASHI

ローマ字読み|小文字

inaminono|akaragashihaha|tokihaaredo|kimioagamofu|tokihasanenashi

左注|左註

右一首播磨國守安宿王奏|[古今未詳]

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年1月7日年紀|古歌|伝誦|宮廷|肆宴|宴席|孝謙天皇|聖武天皇|光明皇后|地名|兵庫|植物|忠誠

校異

->在【元】

寛永版本

いなみのの[寛],
あからがしはは,[寛]あからかしはは,
ときはあれど,[寛]ときはあれと,
きみをあがもふ,[寛]きみをあかもふ,
ときはさねなし[寛],

巻数

第20巻

作者

安宿王

タイトルとURLをコピーしました