万葉集4512番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4512番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4512番について

歌番号

4512番

原文

伊氣美豆尓|可氣左倍見要氐|佐伎尓保布|安之婢乃波奈乎|蘇弖尓古伎礼奈

訓読

池水に影さへ見えて咲きにほふ馬酔木の花を袖に扱入れな

かな読み

いけみづに|かげさへみえて|さきにほふ|あしびのはなを|そでにこきれな

カタカナ読み

イケミヅニ|カゲサヘミエテ|サキニホフ|アシビノハナヲ|ソデニコキレナ

ローマ字読み|大文字

IKEMIZUNI|KAGESAHEMIETE|SAKINIHOFU|ASHIBINOHANAO|SODENIKOKIRENA

ローマ字読み|小文字

ikemizuni|kagesahemiete|sakinihofu|ashibinohanao|sodenikokirena

左注|左註

右一首右中辨大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年年紀|宴席|中臣清麻呂|植物|庭園讃美|叙景|属目#[訓異]

校異

特に無し

寛永版本

いけみづに,[寛]いけみつに,
かげさへみえて,[寛]かけさへみえて,
さきにほふ[寛],
あしびのはなを,[寛]あしひのはなを,
そでにこきれな,[寛]そてにこきれな,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました