万葉集4314番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4314番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4314番について

歌番号

4314番

原文

八千種尓|久佐奇乎宇恵弖|等伎其等尓|佐加牟波奈乎之|見都追思<努>波奈

訓読

八千種に草木を植ゑて時ごとに咲かむ花をし見つつ偲はな

かな読み

やちくさに|くさきをうゑて|ときごとに|さかむはなをし|みつつしのはな

カタカナ読み

ヤチクサニ|クサキヲウヱテ|トキゴトニ|サカムハナヲシ|ミツツシノハナ

ローマ字読み|大文字

YACHIKUSANI|KUSAKIOETE|TOKIGOTONI|SAKAMUHANAOSHI|MITSUTSUSHINOHANA

ローマ字読み|小文字

yachikusani|kusakioete|tokigotoni|sakamuhanaoshi|mitsutsushinohana

左注|左註

右一首同月廿八日大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年7月28日年紀|植物

校異

怒->努【元】【類】【細】

寛永版本

やちくさに[寛],
くさきをうゑて[寛],
ときごとに,[寛]ときことに,
さかむはなをし[寛],
みつつしのはな[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました