万葉集4511番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4511番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4511番について

歌番号

4511番

原文

乎之能須牟|伎美我許乃之麻|家布美礼婆|安之婢乃波奈毛|左伎尓家流可母

訓読

鴛鴦の住む君がこの山斎今日見れば馬酔木の花も咲きにけるかも

かな読み

をしのすむ|きみがこのしま|けふみれば|あしびのはなも|さきにけるかも

カタカナ読み

ヲシノスム|キミガコノシマ|ケフミレバ|アシビノハナモ|サキニケルカモ

ローマ字読み|大文字

OSHINOSUMU|KIMIGAKONOSHIMA|KEFUMIREBA|ASHIBINOHANAMO|SAKINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

oshinosumu|kimigakonoshima|kefumireba|ashibinohanamo|sakinikerukamo

左注|左註

右一首大監物御方王

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年年紀|宴席|中臣清麻呂|植物|動物|叙景|庭園讃美|属目

校異

特に無し

寛永版本

をしのすむ[寛],
きみがこのしま,[寛]きみかこのしま,
けふみれば,[寛]けふみれは,
あしびのはなも,[寛]あしひのはなも,
さきにけるかも[寛],

巻数

第20巻

作者

三形王

タイトルとURLをコピーしました