万葉集4501番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4501番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4501番について

歌番号

4501番

原文

夜知久佐能|波奈波宇都呂布|等伎波奈流|麻都能左要太乎|和礼波牟須婆奈

訓読

八千種の花は移ろふ常盤なる松のさ枝を我れは結ばな

かな読み

やちくさの|はなはうつろふ|ときはなる|まつのさえだを|われはむすばな

カタカナ読み

ヤチクサノ|ハナハウツロフ|トキハナル|マツノサエダヲ|ワレハムスバナ

ローマ字読み|大文字

YACHIKUSANO|HANAHAUTSUROFU|TOKIHANARU|MATSUNOSAEDAO|WAREHAMUSUBANA

ローマ字読み|小文字

yachikusano|hanahautsurofu|tokihanaru|matsunosaedao|warehamusubana

左注|左註

右一首右中辨大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年2月年紀|宴席|中臣清麻呂|寿歌|植物|永遠|主人讃美|予祝

校異

特に無し

寛永版本

やちくさの[寛],
はなはうつろふ[寛],
ときはなる[寛],
まつのさえだを,[寛]まつのさえたを,
われはむすばな,[寛]われはむすはな,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました