万葉集4471番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4471番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4471番について

歌番号

4471番

原文

氣能己里能|由伎尓安倍弖流|安之比奇<乃>|夜麻多知波奈乎|都刀尓通弥許奈

訓読

消残りの雪にあへ照るあしひきの山橘をつとに摘み来な

かな読み

けのこりの|ゆきにあへてる|あしひきの|やまたちばなを|つとにつみこな

カタカナ読み

ケノコリノ|ユキニアヘテル|アシヒキノ|ヤマタチバナヲ|ツトニツミコナ

ローマ字読み|大文字

KENOKORINO|YUKINIAHETERU|ASHIHIKINO|YAMATACHIBANAO|TSUTONITSUMIKONA

ローマ字読み|小文字

kenokorino|yukiniaheteru|ashihikino|yamatachibanao|tsutonitsumikona

左注|左註

右一首兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年11月5日年紀|植物

校異

盛->感【西(朱訂正)】【元】【紀】【細】|之->乃【元】【類】|波【元】婆

寛永版本

けのこりの[寛],
ゆきにあへてる[寛],
あしひきの[寛],
やまたちばなを,[寛]やまたちはなを,
つとにつみこな,[寛]つとにつにこな,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました