万葉集4515番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4515番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4515番について

歌番号

4515番

原文

秋風乃|須恵布伎奈婢久|波疑能花|登毛尓加射左受|安比加和可礼牟

訓読

秋風の末吹き靡く萩の花ともにかざさず相か別れむ

かな読み

あきかぜの|すゑふきなびく|はぎのはな|ともにかざさず|あひかわかれむ

カタカナ読み

アキカゼノ|スヱフキナビク|ハギノハナ|トモニカザサズ|アヒカワカレム

ローマ字読み|大文字

AKIKAZENO|SUEFUKINABIKU|HAGINOHANA|TOMONIKAZASAZU|AHIKAWAKAREMU

ローマ字読み|小文字

akikazeno|suefukinabiku|haginohana|tomonikazasazu|ahikawakaremu

左注|左註

右一首大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年7月5日年紀|植物|大原今城|餞別|宴席|悲別

校異

式->治【西(朱訂正右書)】【元】【紀】【細】

寛永版本

あきかぜの,[寛]あきかせの,
すゑふきなびく,[寛]すゑふきなひく,
はぎのはな,[寛]はきのはな,
ともにかざさず,[寛]ともにかささす,
あひかわかれむ[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました