万葉集4361番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4361番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4361番について

歌番号

4361番

原文

櫻花|伊麻佐可里奈里|難波乃海|於之弖流宮尓|伎許之賣須奈倍

訓読

桜花今盛りなり難波の海押し照る宮に聞こしめすなへ

かな読み

さくらばな|いまさかりなり|なにはのうみ|おしてるみやに|きこしめすなへ

カタカナ読み

サクラバナ|イマサカリナリ|ナニハノウミ|オシテルミヤニ|キコシメスナヘ

ローマ字読み|大文字

SAKURABANA|IMASAKARINARI|NANIHANOMI|OSHITERUMIYANI|KIKOSHIMESUNAHE

ローマ字読み|小文字

sakurabana|imasakarinari|nanihanomi|oshiterumiyani|kikoshimesunahe

左注|左註

右二月十三日兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月13日年紀|地名|難波|大阪|植物|寿歌|大君讃美|都讃美

校異

特に無し

寛永版本

さくらばな,[寛]さくらはな,
いまさかりなり[寛],
なにはのうみ[寛],
おしてるみやに[寛],
きこしめすなへ[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました