万葉集4362番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4362番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4362番について

歌番号

4362番

原文

海原乃|由多氣伎見都々|安之我知流|奈尓波尓等之波|倍<奴>倍久於毛保由

訓読

海原のゆたけき見つつ葦が散る難波に年は経ぬべく思ほゆ

かな読み

うなはらの|ゆたけきみつつ|あしがちる|なにはにとしは|へぬべくおもほゆ

カタカナ読み

ウナハラノ|ユタケキミツツ|アシガチル|ナニハニトシハ|ヘヌベクオモホユ

ローマ字読み|大文字

UNAHARANO|YUTAKEKIMITSUTSU|ASHIGACHIRU|NANIHANITOSHIHA|HENUBEKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

unaharano|yutakekimitsutsu|ashigachiru|nanihanitoshiha|henubekuomohoyu

左注|左註

右二月十三日兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月13日年紀|土地讃美|難波|地名|大阪|植物|大君讃美|寿歌

校異

努->奴【元】

寛永版本

うなはらの[寛],
ゆたけきみつつ[寛],
あしがちる,[寛]あしかちる,
なにはにとしは[寛],
へぬべくおもほゆ,[寛]へぬへくおもほゆ,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました