万葉集4302番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4302番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4302番について

歌番号

4302番

原文

夜麻夫伎波|奈埿都々於保佐牟|安里都々母|伎美伎麻之都々|可射之多里家利

訓読

山吹は撫でつつ生ほさむありつつも君来ましつつかざしたりけり

かな読み

やまぶきは|なでつつおほさむ|ありつつも|きみきましつつ|かざしたりけり

カタカナ読み

ヤマブキハ|ナデツツオホサム|アリツツモ|キミキマシツツ|カザシタリケリ

ローマ字読み|大文字

YAMABUKIHA|NADETSUTSUOHOSAMU|ARITSUTSUMO|KIMIKIMASHITSUTSU|KAZASHITARIKERI

ローマ字読み|小文字

yamabukiha|nadetsutsuohosamu|aritsutsumo|kimikimashitsutsu|kazashitarikeri

左注|左註

右一首置始連長谷

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年3月19日年紀|宴席|植物|大伴家持|主人讃美

校異

特に無し

寛永版本

やまぶきは,[寛]やまふきは,
なでつつおほさむ,[寛]なてつつおほさむ,
ありつつも[寛],
きみきましつつ[寛],
かざしたりけり,[寛]かさしたりけり,

巻数

第20巻

作者

置始長谷

タイトルとURLをコピーしました