万葉集4509番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4509番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4509番について

歌番号

4509番

原文

波布久受能|多要受之努波牟|於保吉美<乃>|賣之思野邊尓波|之米由布倍之母

訓読

延ふ葛の絶えず偲はむ大君の見しし野辺には標結ふべしも

かな読み

はふくずの|たえずしのはむ|おほきみの|めししのへには|しめゆふべしも

カタカナ読み

ハフクズノ|タエズシノハム|オホキミノ|メシシノヘニハ|シメユフベシモ

ローマ字読み|大文字

HAFUKUZUNO|TAEZUSHINOHAMU|OHOKIMINO|MESHISHINOHENIHA|SHIMEYUFUBESHIMO

ローマ字読み|小文字

hafukuzuno|taezushinohamu|ohokimino|meshishinoheniha|shimeyufubeshimo

左注|左註

右一首右中辨大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年2月年紀|宴席|中臣清麻呂|依興|高円|離宮|宮廷|懐古|枕詞|植物|聖武天皇

校異

能->乃【元】【類】

寛永版本

はふくずの,[寛]はふくすの,
たえずしのはむ,[寛]たえすしのはむ,
おほきみの[寛],
めししのへには[寛],
しめゆふべしも,[寛]しめゆふへしも,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました