万葉集4303番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4303番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4303番について

歌番号

4303番

原文

和我勢故我|夜度乃也麻夫伎|佐吉弖安良婆|也麻受可欲波牟|伊夜登之能波尓

訓読

我が背子が宿の山吹咲きてあらばやまず通はむいや年の端に

かな読み

わがせこが|やどのやまぶき|さきてあらば|やまずかよはむ|いやとしのはに

カタカナ読み

ワガセコガ|ヤドノヤマブキ|サキテアラバ|ヤマズカヨハム|イヤトシノハニ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|YADONOYAMABUKI|SAKITEARABA|YAMAZUKAYOHAMU|IYATOSHINOHANI

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|yadonoyamabuki|sakitearaba|yamazukayohamu|iyatoshinohani

左注|左註

右一首長谷攀花提壷到来|因是大伴宿祢家持作此歌和之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年3月19日年紀|植物|宴席|賀歌|和歌|置始長谷

校異

壷【西(右書)】壷酒

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
やどのやまぶき,[寛]やとのやまふき,
さきてあらば,[寛]さきてあらは,
やまずかよはむ,[寛]やますかよはむ,
いやとしのはに[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました