万葉集4513番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4513番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4513番について

歌番号

4513番

原文

伊蘇可氣乃|美由流伊氣美豆|氐流麻埿尓|左家流安之婢乃|知良麻久乎思母

訓読

礒影の見ゆる池水照るまでに咲ける馬酔木の散らまく惜しも

かな読み

いそかげの|みゆるいけみづ|てるまでに|さけるあしびの|ちらまくをしも

カタカナ読み

イソカゲノ|ミユルイケミヅ|テルマデニ|サケルアシビノ|チラマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

ISOKAGENO|MIYURUIKEMIZU|TERUMADENI|SAKERUASHIBINO|CHIRAMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

isokageno|miyuruikemizu|terumadeni|sakeruashibino|chiramakuoshimo

左注|左註

右一首大蔵大輔甘南備伊香真人

事項|分類・ジャンル

天平宝字2年年紀|宴席|中臣清麻呂|植物|庭園讃美|属目

校異

特に無し

寛永版本

いそかげの,[寛]いそかけの,
みゆるいけみづ,[寛]みゆるいけみつ,
てるまでに,[寛]てるまてに,
さけるあしびの,[寛]さけるあしひの,
ちらまくをしも[寛],

巻数

第20巻

作者

甘南備伊香

タイトルとURLをコピーしました